S56 1.以降 報告書・出版図書 等

安全問題研究会  
1 安全運航参考資料のためのアンケート調査結果報告 昭和56年8月
2 汽船キートレーダー号、汽船バウネ号衝突事件 昭和56年11月
3 アモコ・カディス号乗揚げ事故の教訓 昭和57年10月
分離通航方式研究委員会  
1 日本沿岸分離通航水域に関するアンケート集計結果報告書 昭和58年3月
2 日本沿岸の分離通行方式に関する調査研究(中間報告) 平成12年3月
3 日本沿岸の分離通行方式に関する調査研究(中間報告) 平成13年3月
4 日本沿岸の分離通行方式に関する調査研究 報告書 平成14年3月
海上交通法規研究委員会  
1 主として「漁ろう船と漁ろう船以外の船舶の航法上の問題点」について 昭和57年7月
2 主として「分離通航方式」について 昭和58年8月
3 国際海上衝突予防規則に関する「諸外国への質問及び回答」について 昭和59年6月
4 「1972年の海上における衝突の予防のための国際規則」の第2次改正の動向 昭和61年3月
5 「1972年の海上における衝突の予防のための国際規則」の
第2次改正案 及びGERMAN BIGHTにおける特別規則について
昭和63年3月
6 海上交通法規に関するアンケート調査のまとめ 平成2年3月
7 わが国における主要港長公示、行政指導等の調査について 平成3年3月
8 港付近における航行安全のための自主的取り決めについて 平成4年3月
9 港則法第18条の研究 平成12年3月
10 防波堤入口付近の航法の研究 平成14年3月
11 港則法第14条 航路における航法の研究 平成15年3月
船舶安全運航研究委員会  
1 船長参考資料 分冊 1-1 操船参考資料(その1) 平成6年3月
2 船長参考資料 分冊 1-2 操船参考資料(その2) 平成7年3月
3 船長参考資料 分冊 2 わが国主要水先引受基準 平成4年9月
安全運航懇談会(阪神)  
1 現状における船舶の大型化と特殊化に伴う係留施設等の問題点について 昭和58年1月
2 大阪湾における航路体系設定に関する調査研究
-友ヶ島水道(由良瀬戸)の航法-
昭和58年5月
3 来島海峡の安全通航について 昭和58年12月
4 瀬戸内海におけるサワラ流し網漁業 昭和59年3月
5 備讃瀬戸の漁業について 昭和60年3月
6 大阪湾における船舶基準航路 昭和60年3月
7 備讃瀬戸の安全航行について 昭和61年3月
8 神戸港における台風時の係留避泊の可能性に関する研究
(その1、その2)
平成3年3月
9 船間距離について(その1)- 係留力と係留索の伸縮性 - 平成2年7月
10 神戸港における台風時の係留避泊の可能性に関する研究(その3) 平成4年3月
11 岸壁係留船の暴風対策および船体動揺の低減化に関する新しい考え方 平成5年3月
12 大型船の岸壁係留力について -係留限界風速表の作成 - 平成6年6月
13 ポートアイランド第2期工事完了後の港内静穏度について 平成6年6月
14 関西国際空港開港に伴う海上アクセス船・神戸ルートの運航について 平成6年6月 
操船シミュレータ研究委員会  
1 世界の操船シミュレータの現状
(付録:昭和57年度操船シミュレータ研修者アンケート調査結果)
昭和58年8月
ヒューマン・ファクター研究委員会  
1 安全運航のためのヒューマン・ファクターに関する調査研究
(中間報告書)
昭和56年3月
2 安全運航のためのヒューマン・ファクターに関する調査研究 昭和57年3月
3 船内組織の基本的課題とその再検討について 昭和58年11月
4 主として職場集団の運営について 昭和60年2月
5 船内の高年齢化に伴う諸問題 - 具体的事例を中心として - 昭和61年3月
6 混乗船に関する調査研究(その1)アンケート調査結果 昭和62年3月
7 混乗船に関する調査研究(その2)トラブル事例研究 昭和63年3月
8 船長の新しい船内マネージメント・スタイルに関する調査研究 平成6年3月
その他出版物  
1 航行通報マニュアル 昭和58年1月
2 航行通報マニュアル 追補1 昭和58年8月
3 (社)日本船長協会自主設定による「改訂分離通航方式」 昭和60年8月
4 船舶乗組員による海事保安対策に関する調査研究報告書 平成16年3月
5 船舶乗組員による海事保安対策に関する調査研究報告書 平成17年3月
6 便宜置籍船における海事保安事件(船内殺人・傷害事件編)の処理と問題点調査研究報告書 平成18年3月
7 便宜置籍船における海事保安事件(密航者事件)の処理と問題点調査研究報告書 平成19年3月
8 水先人試験問題解答集(第一次試験)(正会員のみの販売) 毎年度

LastUpDate:2017-07-11