葛西会長 年頭の挨拶

 

 

2021年の新たな年を迎え、謹んで初春のご挨拶を申し上げます。

 昨年より続く新型コロナウィルス感染症の世界的拡大は、多くの人々の生活様式を一変し、経済的及び社会的にも大きな弊害をもたらしていますが、未だに収束する気配は見えず、欧州やアメリカでは感染拡大の波が繰り返され、日々数万人の感染者が報告されています。
 わが国においては、緊急事態宣言が解除された後、感染拡大は抑えられたかに見えましたが、その後、年末に入り感染第3 波が拡大の一途にあり今後が憂慮されるところです。
 一方、我々の主戦場である外航海運において、船舶の運航に携わる船員は、医療や食料、エネルギー分野などと並びエッセンシャルワーカーとして、世界の物流の確保により人々の生活を支える必須のサービスである海上輸送の維持に貢献しています。
 しかしながら、船舶運航の現場では、船内での感染防止はもとより、入港中の感染防止対策や上陸制限等厳しい制約を強いられている上に、感染防止のための各国の検疫及び入出国管理が厳しく制限されているため、交代乗下船が極めて困難となり、多くの船員が長期乗船勤務を余儀なくされていることは皆さんもご存じの通りです。

 これらの状況に対し、国際船長協会連盟(IFSMA)は国際的な船主団体と共に国際海事機関(IMO)に働き掛け、各国政府に対して事態の改善を促してきました。また海運各社においては、船員交代のための様々な方策を講じていますが、未だにこの問題の解決を見ない中での努力が続けられています。

 新型コロナウィルスの感染拡大は、企業経営にも大きな変革をもたらし、グローバリゼーションの波に大きなブレーキをかける一方で、デジタルトランスフォーメーションや、自動化といった方向への現代社会の流れを加速しています。
 海運界においても、自律運航船や遠隔操縦船といった自動運航船の早期実用化に向け技術開発や、実証実験が進捗するとともに、条約、法令の整備や、船員や操縦者の技術基準等についても早急な検討が求められています。
 大型外航船がcrewless の自律運航船として実用化されるまでには、費用、機器の信頼性、及び通信環境等の問題もあり、まだ相当の時間を要すると思われますが、短距離就航船の分野では幾つかの無人運航船プロジェクトが進められています。
 現場で船長という職責を取る海技者として、技術革新や社会環境の変化による時代の要請に率先して取り組み、リーダーシップを発揮してゆくことが、今求められているのではないでしょうか。将来、現存の船舶と自律運航船が混在する状況に備え、安全運航に支障をきたさない、しっかりした制度設計に貢献していきたいと考えます。

 当協会の事業活動も、新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、海技ゼミナールの中止、創立70周年記念パーティーの中止、理事会の書面審議等を余儀なくされました。
 なかでも、昨年で20年を迎える「船長、子供達に海と船を語る」の講演は、小中学校の休校等により、実施の目途が立たない状況もありましたが、日本船主協会のホームページで動画配信を行う企画に協力し撮影を行いました。また、小中学校の授業が再開されると、学校でのWEB による授業の体制が整ったこともあり、海事広報協会と協力しWEB での講演を試み、多くの子供達への講演が実現したので、現場での講演と合わせて例年並みの活動が出来ました。
 教育用DVD 作成事業については、船舶交通が輻輳する海域における安全航海ガイドとして東京湾、伊勢湾海域を作成しましたが、引き続き国際船員労務協会の助成を受け、大阪湾、瀬戸内海、関門海峡を対象としたD V D の作成を2 か年計画で進めています。これは、日本の輻輳海域を航行する外国人船長、航海士には非常に有用な題材であり、各方面のご協力を得ながら、スタッフ一同、精力的に取り組んで参ります。
 船長実務講座については、3 蜜対策を講じ、東京、神戸の両会場において「海洋における人権保護と国際法」と題した講演を開催し、両地区の会員の皆様に受講いただくことが出来ました。また、12月の理事会は、WEB の環境を整え、理事の方々のリモート参加による開催を実施することが出来ました。
 上記の通り、新型コロナ感染拡大により当初懸念された当協会の活動も、コロナ禍において継続できる体制が確認できましたので、今年もwith コロナ、after コロナの社会への適応を見据えて、会員の皆様のご期待に応えるべく充実した活動を継続して参ります。

 昨年末には、新型コロナウィルスのワクチンの投与が欧米にて開始され、その効果が期待されています。
 これにより、全世界で新型コロナウィルスの感染が収束し、各方面の事業活動の早期の平常化を期待するとともに、会員の皆様のご健勝と、ご活躍を祈念し新年の挨拶といたします。


LastUpDate: 2021-Sep-30