船長実務講座(実務叢書)

Pages: 1 2

消費税込み(総額表示)。送料は実費を別途請求。
叢書の在庫がなくなった場合はコピーになります。
月報に掲載された記事の場合もコピーになります。

番号
講演日
講演内容
コピー
叢書
所属 氏名
1 S42-9 英米の海難審判制度について ¥324
東京商船大学教授 中島 保司
2 S42-11 船舶保険の実務について ¥324
大正海上火災保険(株)船舶部長 明壁 末吉
3 S43-1 石油輸送と共同原油輸入基地 ¥324
日本海事広報協会専務理事 今井 金矢
4 S43-2 航法研究会集録(第1回-第10回) ¥324
日本船長協会
5 S43-3 海難審判制度の証拠 ¥324
海事補佐人 滝川 文雄
6 S43-4 巨大船の操縦に対する問題点 ¥324
東京商船大学教授 谷 初蔵
7 S43-7 わが国PI保険の発展と若干の事例 ¥324
日本船主責任相互保険組合 市田 与作
8 S43-7-10 船長と海難救助 ¥324
日本サルベージ(株)常務取締役 市川 不二夫
9 S43-9-6 巨大船の設計について ¥324
石川島播磨重工業(株)船舶事業部基本設計部長 根本 広太郎
10 S43-10-24 日本の港湾計画と将来の展望 ¥324
運輸省港湾局計画課長 竹内 良夫
11 S44-1-23 傭船契約の基本的考え方 ¥324
ジャパンライン(株)業務部審議役 萩原 正彦
12 S44-2-9 上層の天気図  ¥324
気象庁予報官 田島 成昌
13 S44-7-9 海洋の国際法上の地位 ¥324
中央大学教授 経塚 作太郎
14 S44-10-10 大洋の波の話 ¥324
日本気象協会常務理事 久保 時夫
15 S44-9-26 瀬戸内海における操船上の注意とその実例 ¥324
内海水先区水先人 大西 武雄
16 S44-11-26 港内の操船 ¥324
東京湾水先区水先人 竹田 盛和
17 S45-1-23 海上交通と電子航法 ¥324
運輸省電子航法研究所電子航法部長 藤井 弥平
18 S45-6-26 超大型船の操船 ¥324
神戸商船大学教授 山口 篤利
19 S45-3-19 船体強度と堪航性 ¥324
日本海事協会船体調査課長 桝田 吉郎
20 S45-6-12 冬季北太平洋の気象海象と最適航路 ¥324
東京商船大学教授 上坂 太郎
21 S43-11-19 海難審判について ¥324
高等海難審判庁審判官 佐々木 宗平
22 S45-7-23 コンテナの海上輸送 ¥324
日本コンテナ協会事務局長
日本コンテナターミナル(株)品川埠頭事務所長
横山 勝弥
小田 芳徳
23 S45-9-18 操船とヒューマン・ファクター ¥324
海上労働科学研究所長 西部 徹一
24 S45-11-13 超自動化船について ¥324
石川島播磨重工業(株)制御システム技術部長 唐沢 康人
25 S46-4 損害保険会社と海難 ¥324
安田火災海上(株)海損部長 行木 速雄
26 S46-3-14 営業と船長 ¥324
昭和海運(株)取締役不定期船油槽船部長 石井 大二郎
27 S46-4-8 海面油濁とPI保険 ¥324
日本船主責任相互保険組合専務理事 平井 好一
28 S46-5-9 共同海損に関して ¥324
(株)浅井市川海損精算所代表取締役 石綿 俊雄
29 S46-7-23 やさしい機器の信頼性工学について ¥324
松下通信工業(株)取締役情報システム部長 唐津 一
30 S46-9-28 タンカーの火災爆発と静電気 ¥324
日本郵船(株)海務部調査役 今城 健次
31 S46-12-13 危険物輸送を中心とした検査業務のアウトライン ¥324
日本海事検定協会参事 土方 嘉久治
32 S47-1-26 CENSA(欧州船主協会会議)同盟憲章の解説 ¥324
日本船主協会常務理事国際部長 宮本 清四郎
33 S46-9-22 明石・来島海峡の潮流と操船に及ぼす影響 ¥324
神戸商船大学助教授 本田 啓之輔
34 S47-2-2 瀬戸内海の霧と台風 ¥324
神戸海洋気象台予報課長 菊田 一郎
35 S46-2-24 海と波と船 ¥324
神戸商船大学助教授 井上 篤次郎
36 S47-7-25 船長の法的責任と問題点 ¥324
中央大学法学部教授 戸田 修三
37 S47-5-10 海洋汚染等環境問題における船長の立場 ¥324
ジャパンライン(株)人事部兼船員部審議役 萩原 正彦
38 S47-9-28 国際海上交通規則改正の動向について ¥324
東京商船大学教授 中島 保司
39 S47-11-29 新国際海上衝突予防規則(1972年)について ¥324
東京商船大学教授 中島 保司
40 S48-7 航空機の機長責任について ¥324
専修大学法学部教授 池田 文雄
41 S48-8 海上交通安全法について ¥324
海上保安庁
警備救難部航行安全課補佐官
新井 俊一
42 S49-11-15 物流面よりみた海技者の今後の役割 ¥324
東京商船大学教授 西山 安武
43 S50-3-20 船の歴史と海上予防規則の変遷 ¥324
海事補佐人 木村 清四郎
44 S50-8-27 海図をめぐる動き ¥324
前海上保安庁水路部長
日本海洋測量(株)常勤顧問
川上 喜代四
45 S50-10-26 油濁問題とPI保険 ¥324
日本船主責任相互保険組合
常務理事
北原 貞幸
46 S51-1-22 漁業権と漁法について ¥324
兵庫県立水産試験場資源部長 竹末 敏男
47 S51-11-12 1972年国際海上衝突予防規則条約について ¥324
東京商船大学教授 中島 保司
48 S52-3-25 日本における船舶係留についての研究の現状 ¥324
東京商船大学教授 鞠谷 宏士
49 S52-6-23 新海上衝突予防法について ¥324
海上保安庁
警備救難部航行安全企画課長
馬場 一精
50 S52-10-5 外洋波浪図について ¥324
気象庁
(海上気象部海上気象課) 主任技術専門官
松本 次

Pages: 1 2


LastUpDate:2017-04-18