船長実務講座(実務叢書)

Pages: 1 2 3

叢書の在庫がなくなった場合はコピーになります。
月報に掲載された記事の場合もコピーになります。
           (消費税込み、送料別)
番号
講演日
講演内容
コピー
叢書
所属 氏名
124 R4-11-18/
R4-11-25
自動運航船の登場により船舶衝突の民事責任の責任原則は変わるのか? ¥550
日本大学 法学部 法律学科教授 南 健悟
123 R2-10-30/
R2-11-9
海洋における人権保障 ¥550
中央大学 法学部 法学博士 教授
小島千枝
122 H28-10-7/
H28-11-11
航路の選択は定期傭船者の権限であり、船長・船主の権限ではないと判示した英国判例(Hill Harmony号事件判決)について
¥550
弁護士法人 東町法律事務所
弁護士、海事補佐人 田中庸介氏
田中庸介
121 H28-10-7/
H28-11-11
船舶航行と情報ネットワーク
-VDESの実用化とE-Navigation 構想‐
¥550
東京計器㈱ 電子システムカンパニー
海上交通部
西村 浩一
120 H25-10-11/
H25-11-22
単独操船における経験の浅い航海士の行動特性と技能評価
-新人航海士育成への提言-
¥550
川崎汽船研修所講師、工学博士 伊藤 耕二
119 H24-10-12/
H24-11-22
2006年海上労働条約解説と対応 ¥550
日本海事協会 安全管理システム部 斎藤 直樹
118 H21-10-16/
H21-11-12
「本船上の海賊対策」 ¥550
危機管理コンサルタント 山崎 正晴
117 H20-12-12 「e-navigationについて」 ¥550
東京海洋大学 理事・副学長 今津 隼馬
115/ 116 H18-12-05/ H19-01-26 次世代に向けた新しい海事社会の構築 ¥550
(株)日本海洋科学代表取締役社長 冨久尾 義孝
113/ 114 H17-12-01/ H18-01-27 気象情報利用のコツ」 -最近の台風情報を例として- ¥550
財団法人 日本気象協会 気象予報士 富沢 勝
112 H14-12-07 海上保安問題の最新動向(IMOの対応を中心にして) ¥550
エム・オー・マリンコンサルティング 大井 伸一
111 H14-7-11 海洋環境保全についての国際的な取り組み及び我が国の法律の概要と動向 ¥550
国土交通省 村岡 英一
110 欠版 海難事故の処理と予防(関西版)
(108回海難事故の予防の再講演) 弁護士/海事補佐人
109 H12-10-31 ブリッジチームマネージメントと航海計画
月報第342号に掲載 Capt.Swift
108 H12-6-2 海難事故の予防 ¥550
弁護士、海事補佐人 峰 隆男
107 H10-9-3 内航海運の実態について ¥550
日本タンカー(株) 上野 章
106 H10-7-1 船長の高齢化と見張り ¥550
神戸商船大学 古荘 雅生
105 H10-1-14 ナホトカ号は何故沈んだか? ¥550
船舶技術研究所 渡邊 巖
104 H9-6-5 エルニーニョ現象とその影響 ¥550
エルニーニョ監視予報センター 吉川 郁夫
103 H8-6-12 救助契約実務と救助作業例 ¥550
日本サルヴェージ(株)
門司支店支店長
矢野 尚
102 H8-4-19 「バルクキャリア-の荒天避航」パネル・ディスカッション ¥550
 
101 H8-2-21 漁業権等の諸問題と船舶の運航について ¥550
全国釣船業協同組合連合会会長 金田 禎之

お申込はこちら

Pages: 1 2 3


LastUpDate: 2024-Jun-13