船長実務講座 開催案内 2022 Nov

自動運航船の登場で衝突による
民事責任の原則は変わるか?
講師:南 健悟 教授
(日本大学 法学部 法律学科)
 

 主な講演内容(予定)
 1. 問題の所在、2. 自動運航船の種別ごとの検討
 3. 完全自律運航船の責任原則-過失責任の維持か厳格責任の導入か?
 4. サイバー攻撃や船体保険との関係について、講演していきます。

 


*講師紹介:北海道大学 法学研究科 法学政治学専攻 2010 年 修了 法学博士
   海事関係の所属学会:日本海運経済学会、日本産業保健法学会、日本海法学会
             日本私法学会、日本航海学会
   海事関係の研究テーマ:自動運航船の実用化に向けた海事法制研究2017-現在
              船舶の安全性の確保と旅客への損害賠償責任2022-現在
                           (日本大学法学部HPより)


開催日時/会場:
        東京開催 2022年11月18日(金) 15:00~17:00
         東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル2階 201・202会議室
         (東京開催はオンラインで講演の配信を予定しています。)

        神戸開催 2022年11月25日(金) 14:00~16:00
         神戸市中央区海岸通り1-1-1神戸メリケンビル4階多目的ホール
         (神戸開催では講演終了後16時頃より船長・航海士懇談会を予定しています。)

聴講費用:無料

主  催:一般社団法人 日本船長協会

申 込 先:(一社)日本船長協会
  東京都千代田区麹町4-5海事センタービル5階 TEL:(03)3265-6641
  E-Mail: jca-tokyo@captain.or.jp 締め切り日:東京11月11日、神戸11月18日

新型コロナウイルス感染症対策について
  ・新型コロナウイルス感染症防止の観点より、参加者数を制限する可能性があります。
  ・状況により開催を延期・中止する場合、申込者にはメール、HP等でお知らせします。
  ・ご参加の際には、マスクの着用や手洗い・うがい、感染防止対策を心掛けるとともに、
   咳エチケットにもご配慮下さい。また、受付にアルコール消毒液を準備しますのでご使用下さい。

 


LastUpDate: 2022-Nov-28