目的および事業

定款第3条により当協会の目的は次のように定められております。

本会は、船長の識見の涵養と技術の研鑽を行うとともに、船長の職務に関連する諸問題を調査研究することにより、海運並びに海事の発展に資することを目的とする。

定款第4条により当協会の事業は次のように定められています。

本会は、前条の目的と達成するために次の事業を行う

1. 船長の識見の涵養と技術の研鑽を行うための事業

2. 船舶運航技術の調査研究

3. 内外関係団体との連携

4. 会誌の発行、図書の出版等調査研究に関連する事業

5. 会員相互の親睦と福利増進、社会的地位の向上

6. その他本会の目的を達成するために必要な事業


LastUpDate:2017-12-07