第92回 大分県佐伯市立蒲江小学校

日本船長協会事務局

1.開催に至った経緯等

当地で海運業(松盛汽船)を営む松本雅彦氏(現協議会会長)が「佐伯海事地域人材確保連携協議会」の発足に合わせた活動の一環として帆船日本丸の佐伯港への寄港のイベントとしてこの講演会を計画したが、子供たちの行事日程が多忙のため開催できず、今回、佐伯市役所商工振興課の紹介により講演会を実施することになった。

2.講演会

講演会は、以下のプログラムで教職員の司会のもとに進められた。
平成22年12月16日(木)
13:50 担当教員 御手洗光代先生挨拶
13:55 長谷川船長講演
14:15 DVD「海と船」上映
14:40 池上船長講演
15:00 生徒質問タイム
15:10 生徒代表挨拶・記念品贈呈
15:20 閉講

3.終わりに

「佐伯の殿様、浦で持つ」と言われ、当地は豊富な海の幸山の幸に恵まれた豊後水道に面した日本有数のリアス式海岸地帯である。
それら入江の一つである蒲江湾の奥にある市立蒲江小学校は背後に小高い山を前面には蒲江湾の海が広がるところである。
漁師町であり船や海には慣れているのだろうが外航船の船長姿は珍しかったようで、講演を聴く真剣なまなざしも印象的でした。
講演後は担当先生のアイデアで子供たち全員が順番に並んで握手を求められ、一人ひとりと握手をして素晴らしい別れであった。
最後に佐伯市商工振興課の御手洗良太氏には学校への行き帰りの運転など、大変お世話になりましたことここに御礼申し上げます。
(日本船長協会 長谷川弘一 記)

大分県佐伯市立蒲江小学校

校舎 長谷川船長講演
御手洗先生挨拶 記念楯贈呈
船長登場 船長代表挨拶
池上船長講演 握手でお別れ

大分県佐伯市立蒲江小学校生徒達の感想文

生徒達の作文・新聞記事////


LastUpDate: 2019-Nov-08