第140回 高知県津野町立葉山中学校

(一社)日本船長協会事務局

高知県津野町立葉山中学校

1.開催に至った経緯と学校紹介

 日本中小型造船工業会が開催する「ものづ くり体験講座」の一環として、「子供達に海 と船を語る」講演会を行いました。
 津野中学校は、新荘川沿にあり山に囲まれ た静かな環境の学校です。校舎の築年数は8 年程と新しく、環境・設備ともに整った素晴 らしい学校です。

2.開催日時

 平成26年10月24日(金)13:30~14:20

3.講演内容

 今回の講演は、全学年90名の生徒が対象でした。
① 船主協会が編集した「暮らしを支える日本の海運」のビデオ上映(第1 章のみ)
② 船内の組織、船員の生活、船員になってよかったこと、つらいことについて
 今回は中学生が対象なので、環境の話を詳 しくと思いましたが、スライドの準備不足で、 十分にお話しすることが出来ませんでした。
 リクエストにより、セオゥル号がなぜ沈没 したかを説明しましたが、GM が減少する話 を分りやすく説明するのは難しく、生徒から は難しかったとの声も聞かれました。

4.講演者雑感

 船や海の話だけをすると、どうしても授業 のようになってしまうので、今回も、ビデオ 上映時間を短くし、日本における海運の重要 性、船内組織や船上での生活といった話題を 取り上げましたが、中学1 年生から3 年生ま で、全員に分りやすく講演することは、簡単 ではありませんでした。

(常務理事 大森 彰 記)

生徒達の感想文

生徒達の作文/ /

 


LastUpDate: 2020-Aug-10