第63回定時総会 報告

第63回定時総会報告

(事務局)

 一般社団法人日本船長協会の第63回定時総会は、令和3年5月20日海事センタービルで開催されましたので、その概要を以下のとおり報告いたします。なお、新型コロナウイルスにより緊急事態宣言下の開催であったことから、極力委任状の提出にご協力を頂き、会場には一部の出席者とWebで参加の必要最小限としました。
会員各位のご協力、ご支援に対し厚くお礼申し上げます。

1.日時及び場所

令和3年5月20日(木)15:05~16:30

東京都千代田区麹町四丁目5番地 海事センタービル 2階会議室

2.出席者(50音順、敬称略、WはWeb参加者)

    正会員:赤塚宏一(w)、綾清隆(w)、石川一郎(w)、泉川登(w)、稲岡俊一(w)、
         葛西弘樹、岸本宗久、城戸恒介(w)、楠木智、小島久典(w)、小山智之(w)、
         澤村正也(w)、竹林隆一、谷本光央(w)、田島波留生、中川悟、中田治、
         長田泰英、中村紳也、根本正昭(w)、藤田透(w)、松田洋和、松本悦男(w)、
         丸田芳郎(w)、道岡勇人(w)、矢吹英雄

本人出席 26名
委任出席 353名
合 計 379名

    その他の出席者:水谷章(監事)、加藤義寛(w)、中堀寛之(w)、中野弘也(w)
         事務局:増田惠、越後明、星野哲子

3.審議事項等

1)審議事項

第1号議案. 令和2年度事業及び会務報告について
第2号議案. 令和2年度収支決算及び資産報告について
第3号議案. 役員の改選について

 

2)報告事項

第1号議案. 令和3年度事業計画について
第2号議案. 令和3年度収支予算について
第3号議案. 令和2年度公益目的支出計画実施報告書について船長表彰について

 

4.審議概要

 司会者の長田常務理事が第63回定時総会の開会を宣言し、引き続き出席状況について、正会員本人出席26名、委任状出席353名、合計379名であり、本日現在の正会員総数529名の半数(265名)以上の出席となり、定款第16条の規定により総会は適正に成立していることが報告された。
 続いて、葛西会長から開催の挨拶において、本年の定時総会は新型コロナウイルスにより、緊急事態宣言下での開催となりましたが、会員各位のご理解とご協力により本日の定時総会が開催できたことに感謝致しますとの発言があった。

 審議事項では、第1号議案「令和2年度事業及び会務報告について」各担当者が配付資料に基づき説明した後、葛西会長から国内参加委員会のうち主だった委員会の概要報告、及び会員数の推移についての説明があった。特段の質疑はなく、第1号議案は議決、承認された。
 第2号議案.「令和2年度収支決算及び資産報告について」越後総務部長から配付資料に基づき説明がなされ、出席者から次の質問があった。
【問】 正味財産増減計算書において、令和2年度及び前年度においても赤字を計上している。また、3年度収支予算においても赤字予算になっているが、これらについては公益目的支出に関連し赤字計上となっているのか。
【答】 ご指摘の通り公益目的支出に関するものは赤字計上となるが、その他の収支については、黒字であることが望ましい。ここ数年、会員の減少に伴う会費収入の減少とDVDの制作に関し助成額を超える支出となり、経費を圧迫している。
 これまでDVDについては、国際船員労務協会から受託事業としてDVDを作成していたが、数年前から受託事業ではなく、当協会が実施する事業になったことから、弊協会の持ち出す支出が増となっている。
 他の経費の支出を含め、赤字解消に向けて取り組んでいる現状にあり、その一つとして、本年3月一杯をもって神戸支部を廃止し、人件費、支部運営費の抑制を図ったところです。 引き続き、他の分野においても経費の節減に努めていきたいと考えている。
 質疑の後、田島監事より、監査報告があり、第2号議案は議決、承認された。
 第3号議案「役員の改選について」葛西会長により、役員の改選に関し以下の通り説明があった。定款第23条の規程に基づき、現行理事及び監事の任期は本日5月20日をもって全て満了となり、今回の総会にて新たに理事及び監事を選任(再任を含む)する必要がある旨の説明があった。
 理事候補は、新任として、石川一郎、楠木智、澤村正也、竹林隆一、谷本光央、中 野弘也、中堀寛之、道岡勇人の8名を候補としている。 また、再任として、赤塚宏一、綾清隆、泉川登、稲岡俊一、井上一規、井上徳親、葛西弘樹、加藤義寛、岸本宗久、城戸恒介、小山智之、新本健雄、中川悟、中田治、長田泰英、中村紳也、藤田透、松浦寛、松田洋和、矢吹英雄の20名を予定しており、全員で 28名を候補としている。 また、監事については、田島波留生及び水谷章の2名を候補とした。
前述の各候補者毎に審議したところ、特段の異議はなく、それぞれ議決、承認された。

 報告事項では、「令和3年度事業計画について」、「令和3年度収支予算について」、
及び「令和2年度公益目的支出計画実施報告書について」が葛西会長及び事務局から説明があり、引き続き田島監事から「公益目的支出計画実施報告書は、法令及び定款に従い当法人の公益目的支出計画の実施状況を正しく示していることを認める。」との報告があり、了承された。


 最後に船長表彰として、中川常務理事より配布資料により、株式会社商船三井の自動車運搬船「BELUGA ACE」乗船の中務靖夫船長に対する、人命救助の功績による表彰が報告された。例年であれば、総会において同氏に表彰状及び記念品が授与されるところであるが、諸般の事情を鑑み、当人には郵送にて送付する事となっている旨報告された。

 総会の資料として、令和2年度事業及び会務報告、比較貸借対照表、正味財産増減計算書を添付します。なお、その他の決算関係書類については、当協会のホームページをご覧ください。



LastUpDate: 2022-Jun-30