船長教養講座(教養叢書)

Pages: 1 2

消費税込み(総額表示)。送料は実費を別途請求。
叢書の在庫がなくなった場合はコピーになります。
a
番号
講演日
講演内容
コピー
叢書
所属
氏名
1 S43-9-17 プロトコールとエチケットについて ¥324
外務省儀典長室外務事務官
石川 行男
2 44-3-27 マネージメントの動向と管理者の任務 ¥324
産業能率短期大学講師
高原 眞
3 44-3-28 肝づくり(禅の話) ¥324
花園大学学長
山田 無文師
4 44-5-22 国際経済の動向と日本海運 ¥324
毎日新聞社論説委員
田中 洋之助
5 44-10-27 国際比較から見た労使関係の方向 ¥324
中央大学教授
津田 真澂
6 45-2-17 人の心をつかむ話し方 ¥324
NHKアナウンサー
酒井 広
7 45-4-9 人の使い方 ¥324
評論家
邑井 操
8 45-6-19 わが国土防衛と船舶の保護 ¥324
防衛庁海上幕僚監部防衛課長一等海佐
寺部 甲子男
9 45-11-17 最近の国際情勢について ¥324
自由民主党国際部長衆議院議員
石井 一
10 45-10-16 人間・宇宙・物理 ¥324
明星電気(株)取締役目黒研究所長
倉茂 周芳
11 45-12-9 最近の中東情勢と石油問題 ¥324
アラビア石油(株)
間下 長一
12 46-2-22 最近の労使関係の問題点 ¥324
日経連事務局長
五十嵐 昭夫
13 46-5-10 米・中・ソと日本 知っておきたい日本の政治 ¥324
ソ連東欧問題研究所長
衆議院議員、信越化学工業(株)社長
久芳 健夫
小坂 徳三郎
14 46-6-25 社会的条件の変化と生涯教育 ¥324
日本学校安全会監事
高橋 眞照
15 46-10-28 世界の裏町まで訪れて ¥324
東京商船大学教授
茂在 寅男
16 47-3-7 アジア情勢最近の断面 ¥324
政治評論家
平野 宗義
17 47-6-16 東南及び南アジア諸国の教育改革の動向 ¥324
文部省教科調査官
榊原 康男
18 47-10-4 船腹拡充の歴史的意義と時代的変化 ¥324
三光汽船(株)専務取締役
岡庭 博
19 48-5 今年の海運市況と日本経済 ¥324
日本郵船(株)調査室長
中尾 朔郎
20 48-3-7 国際海峡 ¥324
明治学院大学教授
高梨 正夫
21 49-1-20 西ドイツ・スウェーデン両国の海運船員事情 ¥324
日本船主協会常務理事・国際部長
宮本 清四郎
22 49-6 原子力船「むつ」開発状況 ¥324
日本原子力船開発事業団
北川 次郎
23 49-9-20 ロッテルダムにおける船舶の運航に関するシンポジウムに参加して ¥324
東京商船大学教授
谷 初蔵
24 49-12-19 不注意とミスについて ¥324
労働科学研究所・嘱託
狩野 広之
25 50-3-28 宇宙と人間 ¥324
(株)ケン・リサーチ社長・
科学技術評論家
村野 賢哉
26 50-6-17 海洋法の行方 ¥324
日本船主協会常務理事・国際部長・調査部長
宮本 清四郎
27 51-1-14 欧米における流通環境の変化と海運 ¥324
早稲田大学教授
中西 睦
28 51-3-23 船舶と技術革新 ¥324
三菱重工(株)船舶事業本部
井上 勝
29 51-5-27 産業社会におけるリーダーシップ ¥324
立教大学教授
松井 賚夫
30 51-11-5 新しい環境変化に即した企業の教育訓練について ¥324
日本鋼管(株)
教育チーム幹部教育開発チーム
和久井 紀平
31 52-1-20 カウンセリングについて ¥324
横浜国立大学教育学部教授
伊東 博
32 52-2-18 マレイシア船員教育事情 ¥324
マレイシア船舶機関士養成プロジェクト
前理事長
西井 五郎
33 52-3-15 現代青年の意識構造 ¥324
東京商船教育学部教授
松原 治郎
34 52-1-14 新しいリーダーシップのあり方 ¥324
大阪大学教授
三隈 二不二
35 52-8-16 船舶とコンピュータ ¥324
日本郵船(株)
情報システム室長
鈴木 秀郎
36 52-11-30 海洋法について ¥324
明治学院大学教授
高梨 正夫
37 53-4-25 バズ集会法について ¥324
大阪大学教授
三隈 二不二
38 54-2-13 ノン・バーバル・コミュニケーションについて ¥324
集団力学研究所主任研究員
藤田 正
39 53-12-15 コミュニケーションと話し方 ¥324
日本コトバの会運営委員長
YMCA専門学校講師日本コトバの会講師
大久保 忠利
桜井 華子
40 54-7-27 事故における人間的要因-事故と注意力について- ¥324
労働科学研究所
狩野 広之
41 54-10-5 航空機事故と安全対策-自動化の陥し穴と人間の弱点- ¥324
日本航空(株)機長
野間 聖明
42 54-12-7 国鉄新幹線の安全問題
-安全哲学とマン・マシン・システム-
¥324
日本人間工学会常務理事
飯山 雄次
43 55-2-21 産業システムの災害事故とヒューマン・エラー ¥324
東京工業大学教授
大島 栄次
44 55-3-6 化学プラントの安全確保 人間工学的安全対策 ¥324
三井東圧化学(株)大阪工業所
川井 昭四郎
片田 和生
45 55-6-12 統計から見た海難事故の解析と安全対策 ¥324
日本海難防止協会
安全調査第一部長
塩原 礼次郎
46 55-9-30 アメリカ空軍におけるパイロットエラー研究の現状 ¥324
防衛庁航空医学実験隊
日本船長協会技術顧問
垣本 由紀子西部 徹一
47 55-12-2 原子力発電所の事故とヒューマンエラー ¥324
日本大学生産工学部人間工学研究室
青木 通佳
48 56-2-24 航空管制におけるヒューマンエラーの解析 ¥324
労働科学研究所
西岡 昭
49 56-9-29 核燃料以外の放射性危険物と海上輸送 ¥324
日本海事検定協会検査員
八十川 欣勇
50 56-12-2 最近5ヶ年間の視界制限状態における船舶衝突の実態について ¥324
高等海難審判庁調査官
藤井 春三

Pages: 1 2


LastUpDate:2017-12-07